山下佳恵の詩と詩集

タイトルロゴ_あなたへ

クローバーの花飾りの写真

Profile 山下佳恵 (やました よしえ)
千葉県出身、詩誌『潮流詩派』に1993年から参加し毎号継続して詩を発表。
参加アンソロジー『現代植物詩集』(1993年、潮流出版社・村田正夫編)『現代季節詩集』(1994年、以下同上)
『戦後50年詩選』(1995年)『現代旅情詩集』(1996年)『現代平和詩集』(1997年)『2000年詩集』(2000年)
『日本現代詩選第36集』(2013年、日本詩人クラブ)『詩と思想詩人集2013』(土曜美術社出版販売)
『アンソロジー花音2013』(歩行社)に参加。
所属 日本詩人クラブ、潮流詩派の会。

海の熟語

第二詩集『海の熟語』2013年10月2日出版。
(発行所:潮流出版社、発行者:麻生直子、装画:麻生直子)


四つ葉のクローバー

第一詩集『四つ葉のクローバー』2011年9月29日出版。
(発行所:潮流出版社、発行者:村田正夫、装画:麻生直子)

ブログ『風の調べ』
ブログ『ふりかけのひとり言』


Since: 2010/12/01
Update:☆HP公開した日です。

2017/03/26
詩「ワンオペの迷育」
詩「3センチのスーパーマン」

2016/10/03
英訳詩“Forever Ever”「ずうっと ずっと」

2016/09/17
詩「紫陽花の七変化」
詩「節目に戻って」

2016/09/11
詩「ダブルレインボー」
詩「ルリタテハの宇宙」
詩「時代劇も驚く茶番劇」

2016/08/06
詩「「必」」

2016/07/23
英訳詩“A Spider Web After the Rain”「雨上がりの蜘蛛の巣」

2016/05/22
詩「カラスの恋人」
詩「ナガミヒナゲシの野望」
詩「入学祝いのプレゼント」

2015/05/22
詩「わたしは自宅警備犬 愛犬ふりかけ のひとり言 18
英訳詩“I am a Watchdog.”「わたしは自宅警備犬」

2016/04/17
詩「卒業 おめでとう」
詩「コンパスフラワー」
詩「春爛漫」
詩「不思議なクジラ」

2016/04/03
英訳詩“To Become Round”「まるくなって」
英訳詩“Tomato Feelings”「とまとのおもい」
英訳詩“Gifts from Sunset”「夕焼けの贈り物」

2015/12/30
詩「自転車の、思い出話」
詩「水と油」
詩「ぴっかぴかの泥だんご」

2015/12/26
詩「しめ飾りを」
詩「ドウダンツツジの四季」

2015/12/01
英訳詩“Sound”「音」

2015/11/28
詩「1日のはじまり」
詩「この道しかない?」
詩「1 2の 3でポン!」

2015/11/21
詩「まだ いかないで」
詩「冷蔵庫のなかの話2」

2015/11/07
詩「胡蝶蘭の花言葉に託して」
詩「蜘蛛と雲」

2015/11/01
詩「青虫観察日記」

2015/10/17
詩「捕らぬ狸の皮算用」
詩「転ばぬ先の杖」

2015/10/10
詩「ナガレ ナガレテ」
詩「りんごのうさぎ」

2015/09/06
英訳詩“The Wails of a Tree”「木のなげき」

2015/08/09
詩「釣堀の魚」
詩「若草色の封書」
詩「芝生のうえに寝ころべば」

2015/07/04
詩「いい顔しいのおとうさん」
詩「断捨離」

2015/06/27
詩「マーブルチョコと炭酸水」
詩「もしも ぼくに」
詩「さんかくおにぎり」

2015/06/20
詩「踊る阿呆は とおりゃんせ」

2015/06/20
詩「節分草とダテマスク」

2015/06/13
詩「白浜のアリ地獄」
詩「お誕生日おめでとう」

2015/06/07
詩「隠したって知っているよ 愛犬ふりかけ のひとり言 17

2015/05/27
英訳詩“To Pledge by Hooking Little Fingers ”「ゆびきりげんまん」

2015/05/24
詩「ゆびきりげんまん」が「南日本新聞」の記事「南風録」で引用・紹介されました。

2015/05/16
詩「不安な座標軸」
詩「火星の青い夕焼け」
詩「四つ葉になりそこなったクローバー」
詩「勝ち組負け組競争曲」

2015/04/19
詩「うしろのしょうめん だあれ」
詩「ずうっと ずっと」
詩「隠し味」

2015/03/22
詩「春の可憐な美人姉妹」
詩「チョウチンアンコウの雄の旅」
詩「和差積商」

2015/01/17
詩「2015年は羊年」
詩「ひとめ ひとめに思いを込めて」
詩「三角波ニ気ヲツケロ」


サイトマップへ

© 2010 Yoshie Yamashita All rights reserved.
inserted by FC2 system