山下佳恵詩集『あなたへ』


まだ いかないで


まだまだ
暖かいから
虫の声も聞こえているから大丈夫だと
油断していたら
不意に吹いた
木枯らし1号
まだ色づいてもいないのに

柔らかな葉を
ひらいて芽吹いた 春
厳しい暑さに
じっと耐えていた 夏
そんなことが
昨日のことのように思えるのに

過ぎ行く月日が
巡る季節が
早すぎて

色づかぬまま散った この身も
木枯らし茶に染まった
もう 土に還る?
いいえ まだ
まだ がんばれる
通り過ぎようとする風に
すがりつくように
ついていく

まって
まって
まだ
いかないで




「 まだ いかないで 」( 了 )

TOPページへ

「新しい詩」
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Yoshie Yamashita All rights reserved.
inserted by FC2 system